汎用ヒト型決戦遊具はじめました。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロボサバ第15回
2012年12月19日 (水) | 編集 |

今回もロボサバに参加してきました。通算3回目の出場です。
散財さんの記事が詳しいです。)





電龍にゼロタンクがやられる試合の様子です。
今回は初心者が多かったため、1対1のデュエルがメインでした。
物陰に隠れたり、旋回して索敵したり、意図したように動いてくれています。
被弾センサも動いており、数発の被弾でランプが点灯、機能停止しています。
基本的な機能が揃ったことで、ちゃんとゲームになっています!
カメラ越しに操作しており、一人称視点から置かれた状況を想像して移動する感じは、テレビゲームそっくり。




th_CIMG1350.jpg
今回の機体は「ゼロタンク2T」です。
Tは登坂(とはん)仕様のTです。
前回、坂の障害物をクローラー機のくせに登ることが出来なかったのが悔しく、
背の高さはそのままに、前後に転倒防止用の補助クローラーを増築しました。
この補助クローラーは平地では接地しないため、旋回力を邪魔しません。
場当たり的に増築増築していますが、動物の進化を見ているようで楽しいです。


th_CIMG1352.jpg
最強機体の電龍がバッテリー切れ。そこを容赦なく攻撃させていただき、アルミに穴を開けさせていただきました。
この、「止まったマトを撃つ」という当たり前のことができるようになるまで、半年以上かかりました。
ゼロタンクの仕様公開の暁には、初心者でも同様の機体が1週間でできるようになると思います♪




3号機目となる「ゼロタンク2T」でようやく、カメラ以外の全ての要素をArduinoに詰め込むことができました。
被弾センサ、無線コントローラー受信(VS-C1)、クローラーモータードライバー制御×2、ガン発射制御、砲塔サーボ制御×2、被弾LED点灯が、1枚のArduinoに入っています。
もう少し調整しますが、「誰でも到達できる基本的なロボサバ機」というゴールイメージに、かなり近い仕上がりです。
そして、ここがスタートでもあります。
基本的なことが備わったことではじめて、移動体など、遊びの部分をいろいろ試すことができるのです。




th_CIMG1354.jpg

今回のMVPの理科大チーム「100均のまな板号」です。
かわロボ仕様の機体のシールド(まな板)の上に、ロボサバセットが載っています。
ゼロタンクは、この機体に負けてしまいました!
関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。