汎用ヒト型決戦遊具はじめました。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F-TANK (1) 開発開始
2012年11月22日 (木) | 編集 |

本業忙しく、ロボ開発がなかなかすすみません。
汎用ヒト型決戦遊具計画として遊び続ける計画でしたが、
風呂敷を広げすぎたおかげで、
ロボサバ機が格闘機を、格闘機がロボサバ機をそれぞれ圧迫。
さらにロボサバ機も「入門用廉価機」と「やりたい機」が混然となっていて両すくみに。



ここでいったん心を整理するために、優先順位を再設定します。

・すでにあるノウハウで作った新しい戦車1台の完成。(できれば次回ロボサバまで。)
・次回のロボワンライトに向けてはハード的な改造は行わず、モーション作りに専念。



Fタンク(計画コード:RX-7.6 TypeF)
車体:RFファミコン
移動:タミヤ工作シリーズのクローラー
CPU:Arduino
武装:カートリッジ差し込み換装式・電動ミニガン
電源:たぶんエネループ
被弾センサ:Arduino組みこみ型
無線カメラ:UHF
コントローラ:VS-C1 or あわよくばWiiコントローラ



未知の部分が若干残るので、2日ぐらいでメンテ可能そうな旧ゼロタンクは放置しつつ、
なるべく新パーツで作ってみようかなと思います。

行程予定
(1)FCへの組み込みスペースの想定。
(2)ガンとFCとクローラーの加工&組み込み。
(3)ゼロタンクのシールドを使っての試運転。
(4)Fタンク用のシールド作り。

これならどこの行程でとん挫してもゼロタンクは出撃可能かなと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。