汎用ヒト型決戦遊具はじめました。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気をとりなおして
2012年08月22日 (水) | 編集 |

手元のロボゼロが公認を受けてライトに参加できる可能性はタイムリミット的に厳しくなってまいりました。
(次回以降で公認される可能性はあります。)



計測しなおしましたが、
・足の長さ 164mm (足の前後の軸から足裏までの長さ)
・中心から指先の長さ 217mm (規定は足の長さの120%=196.8mm以内)
でやっぱりオーバーしています。
前腕のブラケットの出っ張り部分があるおかげで、
指をはずしても3〜4mmの違反になってしまいます。

新しく部品を作ってもよいのですが、時間と難易度から逆算すると、
ここは大人力であるマネーパワーで凌ぐのが吉だと思います。
7号のパーツは1000円で目当てのものを含んでブラケットが合計3つも入っており、お得です。これを2セット購入。
フレームの先っぽを曲げるか折るだけでバッチリ規定クリアです。
今後もガジェット組み込み用の腕として楽しく使えそうなので良しとします。



気になる重量ですが、コントローラー込みですでに990とクリアしているようです。



機能的には握りハンド部分がなくなるだけなので、起き上がりプログラムなどもそのまま使えそうです。
次の土日だけで出場できる状態までプログラム完成させなくてはならなかったので、かなりビビっていましたが、
これだけ好条件が揃えばなんとかなるような気がしてきました。^^
関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。