汎用ヒト型決戦遊具はじめました。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロボワンライト申し込み
2012年07月30日 (月) | 編集 |

ロボワンライトのエントリが始まっていたので申し込んでみました。
今のところロボゼロは公認にはなっていないです。(というか、最新のロボワンライト公認ロボリストがどこにあるのか分かりません。)
が、JO-ZEROが過去に公認で今回も大丈夫のハズだとは思います。質問メールを送り、返信待ちです。



体重計で測ると無線込みで1.1kg。
万が一公認ではないとされた場合には、ライト規定の1kgを切らないとだめです。
結束チューブを排除したり、ボックス内の余分な電線をカットすれば基準内に収まるかもしれません。



今の自分にはほとんど関係ないですが、ロボワンの規則もたまには読んでみようということで、
最新のロボワン競技規則を眺めつつ、我がロボゼロがちゃんと規定以内か見てみることにしました。
小難しい感じがして今までちゃんと読めたことがなかったのですが、手元に実機をみながら計測すると、思ったよりシンプルな規定であることが分かります。
(a)〜(q)までいろいろと項目がありますが、メインは最初の5項目です。



まず、手元のロボゼロを定規で測り、スペックを出します。

(1)足の長さ 164mm (足の前後の軸から足裏までの長さ)
(2)足裏接地面の縦 95mm (95/164=57%で規定の60%以内)
(3)足裏接地面の横 40mm (40/164=24%で規定の40%以内)
(4)胴体から指先の長さ 175mm (規定の200mm以内)
(5)中心から指先の長さ 217mm (規定は足の長さの120%=196.8mm以内)
(6)重心:足の前後の軸を持って持ち上げると胸部が明らかに重い (規定は上半身の方が重いこと)
(7)現在のところ手元の機体は 1.1kg (ロボワンライトの出場規定は1kg以下)



項目(a) 足裏サイズ規定
 →(1)(2)(3)より、クリア

項目(b) アームの長さ規定
 →(4)より、クリア。

項目(c) アーム先端の中心からの長さ規定
 →(5)より、クリアできていない!!!
  ツメをハズしてもアームの先端で惜しいかな200mm。
  アームの先端を折るか、アルミ加工などでゲンコツアームを準備する必要あり。
  (厳密な測定をすれば、ツメなし状態でギリギリ基準をクリアしているかも?)

項目(d) 左右の足裏の重なり規定
 →明確にクリア。

項目(e) 重心規定
 →(6)より、クリア。

項目(f) 無線規定
 →VS-C1なのでクリア。

項目(g)〜(q)諸規定
 →クリア。

ロボワンライト出場規定:1kg以下



ということで、公認ロボキット規定に万が一ハマらなかった場合、
ちょっとの減量とアームの改良が必要になります。ふむふむ。



70号までのコラム記事を一通り読み終わり、本命のロボットラボをようやく1号から読み始めました。
あと1ヶ月ですが、出場に間に合うのでしょうか〜。
関連記事
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。