FC2ブログ
汎用ヒト型決戦遊具はじめました。
2011年07月30日 (土) | 編集 |

デスクの模型クズの掃除用に、ブラック&デッカーの卓上掃除機を購入しました。

4536178948029.jpg

白とグレーで、連邦軍っぽい配色で好みでした。
充電は乗っけるだけのスタンド式で◎
一方、吸い込み力は弱めです。私の場合は、デスクの上の小さなゴミを吸い取る用だったのでちょうどよかったです。



やろうと思って今日に至ったセガサターン版のガンダムをやっとクリア。
横スクロールでボリュームも適度。BGMがやすっぽい以外は、十分楽しめます。
挿入されるムービーが低画質ながらかっこいいです。1995年の作。秋葉原で50円で購入(ジャンク品の棚)。
外伝3部作も買ってあるので、これも遊ぼうと思います。

スポンサーサイト



郡山を通過
2011年07月29日 (金) | 編集 |

通夜で宮城県石巻に行きました。
新幹線の窓際にDoseRAE2を置いてみました。



東京駅の新幹線内は0.05μSv/h程度。かなりクリーンです。

郡山駅。駅で数分停車しましたが、0.5μSv/hまで上がりました。
列車内の窓際でこの数値。
いわゆる空間線量で、窓の外の放射性物質から飛んでくるガンマ線を拾っているのでしょう。
郡山を出発してほどなく1.0μSv/hまであがります。
仙台につくころにはまた0.6μSv/h程度まで下がりました。
車窓からは青々と茂る田んぼ。とてもシュール。



どんなに微量でも、放射性物質は吸っちゃあいけないなと改めて思いました。
なぜだれも東京でマスクをしないのかがいまだに謎。何を根拠にマスクをしないのか?



ようやくダンバインを見終えました。
冨野さんの作品は、作品は違えど、同じようなテーマ、モチーフの繰り返し。
ゲームのマルチエンディングのような作品づくりであることがわかり、楽しめました。
シナリオ自体の完成度はかなり低かったと思います。
一つのタイトルにマルチエンディングを内包してしまったのがエバンゲリオンとかですね。

お米とデフォルト
2011年07月27日 (水) | 編集 |

昨日、真空パックのお米80kgが到着。
マスコミの報道は、食べちゃってから→ダメでした、のワンパターンなので、
東北の新米が出たらそれを食べつつ様子見。



情報は、賞味期限切れのものしか発信されない、の法則。
庶民に有利になる情報が、価値のあるうちに出回ることはないです。
カルネージの大会で考えればわかりやすく、機体に秘密を仕込んで大会に出す→活躍させる→ブログなどでタネあかし、という順に公開されるのが普通であり、まっとうです。
メルトダウンも発電量もセシ牛もほぼ同じルールで発表されてきましたが、ネットでは合理的に予想されていました。



デフォルト問題はどうなるかよくわかりません。
煽って仕手が儲けて終わり、というだけの話であれば恩の字。



お金は究極的には「人間の時間」に換算されます。
ゴールドに換算してもいいのですが、ゴールドの経済的な価値は「希少性」です。
「希少性」があるとは、手に入れるのに「人間の時間」がかかるということです。
現状、労働はマネーに変換されています。
変換には労働の質(効率)や希少性も加味され、「仕事のできる人ほど多くマネーを手に入れる」という風になっています。それは結局、マネー自体を操作する技術や権利を持った人に権力を集中させる、という状態を招いています。
マネーは人間の時間に換算できますから、マネーを持つことは人間を支配することなのです。



たぶん人類は「人間の時間」を公平にレート変換できる「貨幣」をまだ開発できていないんだと思いますが、
マネーの問題点を解決すること自体は難しくないと思います。
マネーで支配できる部分を「完全なる遊び」のみとして、衣食住などの基本的人権にかかわる部分を社会保障化すればそれでOKです。ただその社会保障の部分は、貨幣がクラッシュしても人間の時間を本位として動作する堅牢な社会システムにしておく必要はあります。この部分が本当の「仕事」です。
で、今の日本はどうなっているかというと、マネー遊びが生きるための仕事の領域に侵食していて、
本来可能な自給自足すら封じられるほどです。



結局何が言いたいかというと、デフォルトなどでマネーが狂うと、物流などの一時的なストップもありえるので、その時にスーパーに並ぶのがいやなので、私に関しては、お米をちょっと買い置きしておきました。という話でした。
震災・汚染対策も兼ねるし消耗品なので、お米の備蓄は一石二鳥。おすすめです。
(真空パックでも劣化&虫湧きはあるそうなので、限界はあります。)

事故でわかる流通
2011年07月22日 (金) | 編集 |

汚染牛乳を大丈夫な牛乳とまぜてベクレルを下げたり、産地を偽装したり。
メーカーや流通、その関係者の方は実情を知っていてもサラリーマンですからなかなか言えません。
マスコミも同様だと思うのですが、下のような記事は記者やデスクという現場の人たちの善意の告発だと思います。



http://www.kfb.co.jp/news/index.cgi?n=201107190
2011年07月19日
高林さんは飯舘村の養豚農家から出荷された豚48匹を積んでいた。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110528/dst11052812580018-n1.htm
2011年5月28日
タンクローリーは山形県から京都府に牛乳を運ぶ途中だった。

どちらも交通事故の事故の記事ですが、豚の出荷や牛乳の流通をさらりと教えてくれています。



武田邦彦が、8月号の宝島で、
『「福島産の牛や豚も大丈夫なんですか?」という質問もよく聞かれますが、原則大丈夫でしょう。』
とハッキリ言っていてズッコけました。
本人ブログでは謝罪しているようです。

こんなこともあろうかと、震災以降はカナダ産と表示のある豚肉しか食べてませんが、
偽装の確率が高いと思っていたので、1週間に200グラムぐらいにしています。
あー生き延びたい。



時々、官僚が国家のハンドリングとして、東北と日本を両立させるために、合理的な選択肢として、汚染食品を全国に流通させ、全体のベクレルを下げているのだと夢想することがあります。

カラダがクリーンなうちは、そこにベクレルを若干加算しても、実質的な許容量かもしれませんし、
その作戦でいくとすると、どこかのタイミングで国が汚染の拡大をストップさせるハズです。
今後、基準値が厳しくなり、食が安全になる日が来る、というシナリオです。
これなら、なんの自己防衛をしない人でも、このシナリオだった場合には助かる。
もちろん自己防衛をしても、予算以外のデメリットはほとんどないです。

一方、官僚が混乱または悪意、自己保身から、汚染の拡大を放置しているとも思えます。
こちらの方が自然な考えだと思います。
この場合には、自己防衛は必要。

夢想するしないにかぎらず、自己防衛はやっぱり必要なのであります。

有力な代替エネルギー3:オオマサガス
2011年07月20日 (水) | 編集 |




OHMASA-GASというのがあるそうです。
水を細かく撹拌して電子分解すると、水素と酸素が特別な状態で混合された気体(オオマサガス)ができるといいます。
現在単独での電気エネルギーへの転換はまだのようですが、
プロパンガスとオオマサガスを50%ずつ混ぜると、プロパン100%の発電量に比べて倍の発電効率が出るそうです。

プロパンを使うというところが奥ゆかしいですね。
現状でプロパンのエネルギー効率UPはできているわけですし、国内企業にはガッツリ投資&利益の囲い込みをしてほしいところです。

グラフ遊び
2011年07月19日 (火) | 編集 |

レディー・ガガがやり残しているものは、性転換ぐらいしかない。



原発がないと熱中症になる、という短絡回路がまん延しつつあるので、
政府が出しているデータを見てみようと思います。
マスコミが熱中症の死亡事故を鬼の首でもとったように報じたりする可能性が高いので。



ちなみに厚生省発表のデータは、こちらのサイトによくまとまっております。
厚生省サイト内では、こちらなど。労働環境下を含めないと、こちらのデータシートになります。



熱中症による全体の死亡者数は、7月~9月で
平成19年度 842人
平成20年度 530人
平成21年度 187人
平成22年度 1,648人(概算値)


だそうです。
去年の死亡者数が強烈でした。
今年のデータと平年の死亡者数と比較してみようと思いましたが、あまり意味はなかったです。
節電キャンペーン徹底が功を奏し、結果的に熱中症死亡者数が減ってくれたらよいなと思います。



熱中症による死亡災害発生件数の推移(平成13年~22年)


熱中症による死亡災害の業種別発生状況(平成20~22年)


職業別で見ますと、建設業が圧倒的ですね。
クーラーが効かない炎天下での作業はもちろんのこと、工場内作業でも熱中症例があるようです。
今日本で一番熱中症になりやすいのは高温多湿+防護服の原発作業だと思うのですが・・・
いろいろと微妙なところです。



ちなみに、他のデータもいろいろあって面白いので見てみました。
たばこと肺がん死亡率の比較なんかも厚生省のサイトのデータでできます。



図8 悪性新生物の主な部位別死亡率(人口10万対)の年次推移(厚生省)

http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/nengai10/kekka03.html#k3_2


成人喫煙率(厚生労働省国民健康栄養調査)

http://www.health-net.or.jp/tobacco/product/pd100000.html


両方とも厚生省の発表です。ガンの死亡率自体も右肩上がりなので、肺がんでの死亡数は実数でも他の死因との比率で考えてもアップの一途です。下がったり横ばいになったりしていません。
下のグラフは喫煙率ですが、アップする項目もありますが、全体的には下がっています。
下がっているグラフと上がっているグラフ。
煙草を吸ったら→肺がんとは、このグラフからはならないですよね。
しいて言えば、喫煙率が下がると、肺がん率が上がる、とは言えるかもしれません。



図2死亡数及び死亡率の年次推移

http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/suikei09/index.html

ちなみに昭和30年以降で見ると、肺がんのグラフと死亡数のグラフは、けっこう似ていると思います。



というわけで、今回はグラフで遊んでみました。

あいつめ
2011年07月17日 (日) | 編集 |

DoseRAE2があるので、福岡の線量を再計測しました。

0.04~0.05 μSv/h と、とてもよい数値。安心できました。
やはり前回のREN200での測定は、0.08以下をすべて0.08と表示する機種のクセに起因するものだったようです。



国民から集めた税金を最終的に海外に流出させることが、国にとっても国民にとっても損なのであります。
このシンプルな視点が、ネットを含めたほとんどのメディア上の論争で、抜け落ちているようです。
建設に1基5000億円かかる原発に、毎年5000億円の補助金(税金)を出しているのに、GEの原子炉を買ったり、処理にも米仏にお金を払っていることにも顕著。
国富の流出を推進しているかそうでないかで、売国奴かそうでないかを見分けるのは、本当に簡単。
そして民主・自民とも、売国的なことしか云わない。公明はいわずもがな。
(こう書くと共産党支持みたいになりますし、実際に比例は共産に入れていますが、
共産は野党としてちゃんと機能しているから消滅させないために投票しているのであり、万が一政権をとれば共産だって売国化しうるでしょう。管が政権をとって売国の本性を現したように。)



ほぼ独占の電気代も、原資は国富であり、性質は税金と同じ。最終的な出口が海外であってはならないです。
私は反原発、脱原発ですが、孫正義のやり口は本当に許せないし、それ以上にそれを許容している馬鹿な日本人・文化人達が許せないし悔しい。
送電線の国有化案は、結局電力強制買い取りに決着の勢い。電力買い取りの負担は電気代(=国民)となる。
負担させた電気代は、孫たちの会社に流れる。孫たちの事業で国内のメーカーが儲かるかといえばそんなことはなく、メインの請け負い業者は韓国企業になる。火事場泥棒も甚だしい。
メディアは、なぜそれが判らないのか。なぜその危険性を報じないのか。
気づかない訳でも知らないわけでもなく、グルなのであります。



国富がどうのというと、右翼っぽくあり、共産党支持というと左翼っぽくもあります。
資本主義でも社会主義でも共産主義でもどうでもよくて、単になるべく個人が生き延びたいという生命第一主義です。あわよくばのんびりダラダラと面白おかしく生きたいという面白主義であります。
ただ、個人が生き延びるためには、仕事先があるとか、商店街が開いているとか、その背景に農業がちゃんとしているとかの社会基盤が不可欠であり、それを担保するのが国であり国富であり、それが損なわれてはならないというだけの理屈です。



米デフォルト問題。
菅がアーミテージに2000兆円の米国債白紙化を迫られているというウワサ。
このウワサが本当であれば、それを回避する方法は、あの手しかないです。
つまり、サインの予定日に退陣し政権の空白期間をつくりバックれるという、属国唯一にして最後の抵抗手段です。(福田元総理が使ったと思われます)
逆に言えば、菅が退陣すれば米国でフォルト、菅が続投すれば米国延命、ということが占えると思います。



ということで、何がどうかというと、地震のこともありますし、「モノ」が大事ということであります。
まとまった額の貯金は長期的にはゴールドに換えておいたほうがよいですし、ゴールドよりも価値があるのは、食料や生活必需品たちです。いまなら買い占め呼ばわりもないので、堂々と備蓄ができます。
貯金というバーチャルな富を、出来る限りモノという本物の富と交換しておくことをおすすめします。
東日本の人は、非汚染地区に旅行をすることも良いと思います。
消費はバーチャルな経済の活性化にも有効ですし、そういう意味でもデメリットは一切ないです。



そういう切羽詰まった時代だと思うのですが、
仕事の方は相変わらず忙しいですし、まだ給料もちゃんとでる、そんな状態です。
この5年を生き残るサバイバルゲーム。行動の時間があったり、東京の日常はいつもと同じペースだったりするので、ついつい物資備蓄や災害対策をサボったりしがちであります。
酔っぱらっている時はいらんこと書きがちですみません。

DoseRAE2
2011年07月13日 (水) | 編集 |

少し前ですが、中華ガイガーのREN200が壊れました。
液晶が映らなくなりました。
そして、いじりまわすうちに、液晶パネルの押さえが甘く、しっかり押さえることで治ることがわかりました。



で、壊れてしまったと思っている間に、
DoseRAE2を購入していました。
これは、0.08以下も測ってくれる上にシンチレーション式。
値段も60000程度と、なかなかお手頃でした。



自宅内は相変わらず高いです。
まれに0.06を出すことがありますが、基本的に0.07~0.08μSv/h。
10F以上の高さにあるオフィスは、なんと0.03~0.05μSv/h。
震災前の数値に近いですので、東京港区でもこの数値が出せるポテンシャルはあるということです。



通勤路になっている木場公園~門前仲町の間は、若干高いです。
風が吹くと目にチリが入る感触があるので、かなり舞っているのでしょう。
最近は毎日、0.12μSv/hまで上がる感じです。



「ガンダムの宇宙世紀を網羅しなければ一歩も前に進めない男になってしまった」という今日この頃。

TV版のZガンダムを見終えまして、ZZに突入中。
どちらも15年ほど前に見ていますが、久しぶりなのでほとんど内容は忘れていました。

Zを見て、昔は気付きませんでしたが、ジェリドの描き方が結構魅力的でした。
成長がジュブナイルのテーマだとすると、進化しているようで実はほとんど成長しないシャアというは、他のキャラの成長を際立たせる役に立っていたのかもしれません。
ほぼ同じ役割の女性がジェリドにもカミーユにも3人ずついたりとか、地球と宇宙を何度も往復(その都度戦闘)したり。このマンネリ感が、記憶をあいまいに、印象の浅いものにしていたんだな~と気付きました。
ガンダムやスターウォーズに関しては「好きだったものなので→面白くあってほしい」という変なファン心理になってしまっています。



DSの英語漬けをようやくクリア。
何年前に勝ったかわからないソフトですが、思い出してはカメのようにしつこく続ける自分が好き。

捕らわれし象
2011年07月04日 (月) | 編集 |

「おみそ汁 レバー」と「捕らわれし 象」
とは何の呪文でありましょう。



ピアノを10年も習っていて何も残らなかったばかりか、
むしろ楽譜に対するアレルギーもあるので、
大人になるにはそれも克服しなくてはならないと思って今日にいたります。

無理やりでもいいから覚えられる方法はないか、もしかすると自分で作る必要があるかなめんどいな、
と思っていたのですが・・・



「ピアノ初心者のための音符の読み方」というサイトがありまして、
そこの説明が眼ウロコでした。
ブルグミューラーがんばる!

ソロモンの鍵
2011年07月03日 (日) | 編集 |

やりかけの事をやり終えることで大人になれる、そう信じているアラフォーでございます。


ファミコン版の「ソロモンの鍵」をやっと完全クリア。
(最後の数面は、攻略サイトでカンニングし、
さらに完全攻略のための王女救出方法もカンニングしました。)
小学生の時に数面やったきりだったので、長い宿題をやっとやり終えた気分。


『14歳からはじめるわくわくC言語ゲームプログラミング』という入門本を読みはじめました。


ガンダム関連。主な宇宙世紀のOVAを見直したので、
CDAを読了し、ZガンダムのTV版を順繰り視聴。
小説ものもじんわりと読んでますが、読むのが遅すぎて困ります。


カルネージのネットゲームがあるようですが、パスします。
yoshi@tさんのサイトにあったような、システムに課金する方式だったら、ヨカッタのに!
もしくは、ロボコードのような、遊びつつプログラミング言語が身に付くようなタイプだったら、遊んだのに!


あと、cgi掲示板のプログラムを改造して、自分用にToDoリストを保存できるページを作ってみました。
いわゆる備忘録です。
会社からも自宅からも見られて、やり終えた項目をどんどん消していく方式で、便利です。
自分のような「やりかけだらけの人生」にはピッタリ。項目を消す気持ちよさも吉。
既存のサービスを使おうと思って探したのですが、そういうシンプルなサービスって、案外ないんですよね。