FC2ブログ
汎用ヒト型決戦遊具はじめました。
虫をつかむ女
2010年07月28日 (水) | 編集 |

NHKのモリゾーの番組で入来茉里というタレントが昆虫を平気で触るのを見てグッときました。
妻もけっこう平気で虫を触るタイプ。
自分の「虫の触れる女子好き」という性向を確信。
今後さらに、すべての男子が「虫の触れる女子好き」である可能性について、調査していきたいと思います。

ちなみに娘も3歳までは団子虫を収集していましたが、6歳の今では蝉の抜け殻も触れないほどに。
なので徐々に慣れさせたいと思います。

「虫の触れる女の子ブーム」は確定未来であると強く訴えたい!(どこに?)

スポンサーサイト



もうCHEは始まっている!
2010年07月23日 (金) | 編集 |

やることリスト

・楽譜を読めるようにする(ピアノ版ブラインドタッチ)
・お部屋のシステムをグレードアップする(お片付けする)
・あと40レシピ、男の料理作る。
・最終大会までに、マングレオンの最終版を作る。
・「なんだうまのすけゲーム」を自作するために、
 ビジュアルベーシックを覚える。
・覚えたビジュアルベーシックで、
 プチロボのラジコンシステムを構築する。
・プチロボ版マングレオンを完成させる。
タクティクスオウガの新作を買う。
・ファイアーエムブレムDS暗黒龍レベル5をクリアする。
・結婚式のビデオを完成させる。
・マックを新調する。
・マンガを自在に書けるようになる。
・自宅の1畳分だけ、フローリングにする日曜大工をする。


思いつく遊び関連だけで、これだけ。ここに仕事関連と家族、育児関連が加わるのであります。

もちろん、CHEで遊ぶための環境づくりなのであります。
逆に、上のことを出来ていないと、10月にノビノビとCHEで遊べないのであります。



というわけで、なかなか前に進まない場合、
ネックになる「チョーキングポイント」というのが存在しまして、
それを集中的に行うことで、お楽しみを前進させることができるのであります。



というわけで、分類。



(大河的な時系列)

・結婚式のビデオを完成させる。
・マックを新調する。(作りかけのビデオ完成が条件)
・お部屋のシステムをグレードアップする
 (お片付けする・コンピュータ関係のシステムもここで整理)
・自宅の1畳分だけ、フローリングにする日曜大工をする。
・「なんだうまのすけゲーム」を自作するために、
 ビジュアルベーシックを覚える。
・覚えたビジュアルベーシックで、
 プチロボのラジコンシステムを構築する。
・プチロボ版マングレオンを完成させる。
・最終大会までに、マングレオンの最終版を作る。

(小さな時系列のペア)

・ファイアーエムブレムDS暗黒龍レベル5をクリアする。
タクティクスオウガの新作を買う。


(それぞれ独立して可能)

・楽譜を読めるようにする(ピアノ版ブラインドタッチ)

・あと40レシピ、男の料理作る。

・マンガを自在に書けるようになる。


という風になっています。
まずは結婚式のビデオですねやっぱり。。。



ちなみに、(ピアノ版ブラインドタッチ)についてですが、
これは軌道に乗りました。

壊れたMacBookのHDを日曜大工力で新調し、
アレグロとかいうソフトを導入し、ピアノ練習専用機に。
娘のピアノ練習用の88鍵キーボードにつないで、完成。

まだまだですが、毎日やってれば1カ月ぐらいで五線譜の音符と鍵盤の位置を合致させられそうであります。



あと、ロボット作りやら、部屋をこまごまと改造するための日曜大工のために、
思いきってプロクソンミニサーキュラーソーというのを通販で注文しました。(12000円ぐらい)
ちなみに、使っている動画がこのサイトにありました。

245x185x100mm ですから、A4用紙よりも少し小さいサイズで、マンション向き(と、信じたいです。)



要は、CHEへの道は長く険しいということであります。

ナムコ天国・ゼビウス地獄
2010年07月14日 (水) | 編集 |

Plug It In & Play TV Games™ Retro Arcade Featuring Pac-Man
というのを海外の通販でゲットしたとお伝えしました。
ナムコのレトロゲームが12個も入って乾電池で動く優れものであります。

内容はまあまあなのですが、当然、レバーおよびボタンが貧弱なので、例によってDIYします。

ちなみに、当方、高専でも理系でもなく、周囲に詳しい人もいないため、全部自力でやってます。
インターネットで情報だけはいくらでもあるので、本当に便利な世の中です。



z2
ターゲットはこちら。デザインはなかなかよいのですが、
安定度やボタンのクリック感がマズく、
ノビノビと楽しむことができません。


z1
材料はこちら。すべて秋葉原の千石電商で入手。
箱が1000円、レバーが1700円と高め。ボタン類は各100~200円程度。
レバーとボタンは三和製とセイミツ製がありますが、前回同様三和でそろえました。
他に単3×4の電池ボックスやリード線、熱収縮チューブなどを使います。


z3
本体の中身はこんな感じです。
レバーをひねってポールポジションのハンドルにする仕組みがあるためか、レバーは厳密な4方向。
それが遊びにくさの原因にもなっています。
配線はそれなりにシンプルです。


z6
電源スイッチは丸いものにしました。
理由は穴あけが簡単だからであります。
スイッチには回転すべり防止用のポッチがありますので、受け穴にそれ用のくぼみをやすりで作ってみました。


z7
テーパーリーマーという物騒な武器を使い、手作業でゴリゴリと穴をあけます。
これがなかなかの重労働。アルミの削りかすを子供が踏んだら怪我をしますので、
削っては掃除機で吸うの繰り返しであります。
今回の作業で、マンションぐらしには一番向いていないと思えたのがこの作業でした。


z4
これは何を作っているところでしょうか。



z5
ジョイスティックの根元には大きめの土手があります。
その土手がすっぽり入る大きさの穴を天板に開けてもよいのですが、
今回とりつけに使おうとしているネジ穴が近いため、少し強度が心配です。
そこで、土手を埋めるための噛ませ板です。



z9
レバーとボタンをカチッとはめました。
あとは配線すれば完成であります。

ちなみに、ジョイスティックの基盤のお尻に、透明のパーツがついていますが、
これは十字レバー、8方向レバーを決めるためのガイドです。
今回は8方向にしたいので、ガイドを45度回転させます。


zb
基盤についているリード線はとても短いので、手持ちのリード線で延長します。
リード線同士を半田づけし、熱収縮チューブを使い絶縁&強度UPします。
ちなみに熱収縮チューブ用のドライアーを持っていないので、チャッカマンであぶっています。


za
ほぼ配線ができました。
ジョイスティックと基盤の接続は、コネクタを使います。
2.5mmピッチ、黒いハウジングで、「QIコネクタ」というものを使っています。
1ピンずつバラバラにコネクタを付けて、間違わないように方向を調べつつ、
それをジョイスティックに差していきます。



zc
ボタン類のついたフタを、箱とネジでとめたら、はいできあがり!!
ボタンを押しやすいように、右手を乗せるスペースを広めにとってあります。
左下の角がちょっと手にあたって痛いかも?あとでスポンジでも付けておきます。



さっそく遊んでみました。

かなり快適!!ナムコ天国^^

斜めが入力しやすいため、ゼビウスやボスコニアンが格段に楽しくなります!
4方向や2方向しか使わないゲームが遊びづらいということも特にありません。

ポールポジションのボリュームコントローラーは、面倒だったので今回はパス。
遊べないゲームがあると子供からブーイングが出そうなので、
よい機構が思いついたら後付けしたいと思います。



調子にのってゼビウスで遊んでみたのですが・・・

すごいことに気付きました・・・

地上物のアレンジが少しちがうなと思ってはいたのですが・・・

地形は変われど、どこまでいってもエリアのラストがボザログラム。。。。

3面に行ってもバキュラは出現せず、

4面に行ってもアンドアジェネシスが登場しません。。。。

なんと、敵の出現が、ずっと1面の構成だったのです!!!!

しかもテラジとかも大量に出てくるので、難易度もかなり高いです。

ひょっとすると16面までやったら2面の地上物構成になるのかもしれませんが、
なかなかそこまで行けません。

やってもやっても1面というのは、なかなかのトラウマであります。。。

これが仕様なのか、この個体のバグなのか。。。
もう1台の方のパッケをあけて、後で試してみたいと思います。。。。

蚊柱をチップで表現
2010年07月12日 (月) | 編集 |

街を歩いていると蚊柱につっこんでペペペッとなりがちなのであります。
よりによってなんで頭の位置にっ!と思いつつも、なぜそうなるのか調べずに30年も経ちました。

せっかくインターネットがあるので、調べてみましたヨ。

・蚊柱の蚊「ユスリカ」。血は吸わない。
・ユスリカは何種類もいる。世界で1万種。日本で千種。池の周りで百種は見つかる。
・同じ種類の蚊が集まって蚊柱。種の識別は羽音。
 →蚊柱の羽音を手掛かりに、雌が寄ってくる(1匹)
  →くっついた雄と雌のペアは地面に落ちてそこでめでたく交尾。

・ユスリカの幼虫は池や川の有機物を食べて浄化するので益虫でもある。

なぜ人の頭にまとわりつくのか?

・ユスリカの雄は、周囲と違ったコントラストをマーカーとして、その上に蚊柱を作る習性がある。

→なぜちょうど人の頭の位置なのかというと、人の服の上ということなのかもしれません。

http://www.shinshu-u.ac.jp/institution/library/textiles/libnews/Library58.pdf



CHPのブログなので、蚊柱をチップで表現してみました。

[01] 旋回移動
[02] 正面にコントラストがあるか N→[01]
Y↓
[03] 前進
[04] 真下にコントラストがあるか? N→[03]
Y↓
[05] 上昇
[06] 球体50cm以内にコントラストがあるか? Y→[05]
N↓
([01]へ)

適当に並べただけですが、ハッとするところがあります。
プログラムをなるべく小さくするために単純化していますが、このモデルの行動は以下のようになります。

1)コントラストに集合して、たむろする。
2)コントラストが消えても、たむろは続ける。
3)近くに新しいコントラストが出現すると、そちらに向かう。

偶然かもしれませんが、ちょうど、人通りのあるところの人の頭の位置に蚊柱が発生する理由を説明してくれます。

音楽もすごそう
2010年07月09日 (金) | 編集 |

エクサの件。
音楽担当が「細江 慎治」とあります。
この人選。この人元ナムコ。この人OMY。OMYのCDは全部持っています。

思えば自分がゲーム音楽にハマったのは活動休止後のYMOの影を追い続けたからであり、
その後YMOの系譜を粛々と職人的に進化させていったのが細江さん達なのであります。(自分的には)
というわけで、心に残るゲームミュージックたち。
ドラゴンスピリット
アサルト
オーダイン
メタルホーク
ゼビウス3D/G
F/A
リッジレーサー
どれも、当時のゲーセンで聴いて「おっかっちょいい」と思った曲ばかりであります。
F/Aなんかは筐体のイヤホンジャックからカセットテープに録音したりしていました。

YMO好きから始まりましたが、
PCやゲームの筐体が奏でる電子音自体が好きになっていったのでした。

リッジレーサー以降は、ゲームのBGMはCD音質が普通になり、結果、
ゲーム音楽というジャンル自体が消滅してしまった印象があります。



打ち込みサンプリング系=低価格
演奏した生音系=高級品

社会人になって音楽も少し扱う仕事をしていますが、なんとなく上のような図式です。
ゲームBGMがCD音質になってからは、「打ち込み系」という経済性での需要があったようで、そのままピコピコ音楽として進化を続けていきました。
音楽ゲームや楽曲タイアップのような手法も現れ、生音もだいぶゲームに入ってきたようですが、
それでも主流は打ち込みが主流。(少なくとも自分が遊ぶゲームでは。)
打ち込み音楽がゲーム業界で発達していったのもなるほどという気もします。



そんなことはさておき、
細江さんといえば、自分がCDまで買うような方。
ふだんゲームをするときは当然BGMオフ、効果音オン、で遊んでいるのですが、
今回ばかりはBGMにも期待してしまいます。
でもマイナータイトルだし手抜きするんだろうなあ。
どうせだったら、プレイヤーがドン引きするほどの実験的音楽を期待したいです。
もちろん歴代カルネージの音楽も好きでした。



毎回なんのたしにもならないヨイショ記事ばかり書いて、
以前から、ニナガワがアートディンクの回し者なのではないかと自分でも疑ったりしましたが、
ゲームシステムにせよ、音楽のチョイスにせよ、全く趣味が合うとしか言いようがありません。
そんなどっぷりはまれるゲームが人生に1本ぐらいあってもよいのであります。



選挙。
国会で売国支配層が困るようなことをいろいろ発言してくれそうな所に入れてみたいと思います。
現状、どこの政党も、富を海外流失させ、多数の日本国民に損をさせるような政策ばかり掲げますので。

楽しみ倍増
2010年07月09日 (金) | 編集 |

公式
4gamers



ムービーに37機とあって、OKE紹介に35機ですから、ハデスを入れると残り1機。
ムービーに古い飛行型OKEが出ているようにも見えましたが、アビスパの変形モードのようです。
算数が苦手なので数え間違えているかも。
キューケンを希望。

CHP組の機体が全員無事だったのがなによりです^^



ガンサイトチップにきゅんとします。かなり本格的な射撃合戦になりそうです。
ムービー中のゲイザーの移動射撃(砲身固定で移動しながらの射撃)がエクサの自由度の象徴でしょうか。

動画出力やカメラワーク設定などはちょっとマニアックすぎて笑っちゃいました。ずばり私向けの機能なのでしょうが、みなさんも動画アップがんばってください!
面白挙動の情報などが2chで上がっても、わざわざリプレイするのは大変だったのですが、この機能のおかげでだいぶ議論も活発になりそうですね^^
公式レーティング導入もすごいですね。nas_Bさんのご苦労が報われました。
空が青いのもさわやかですね。戦場は地球になっちゃったんでしょうか。



ChipCodexはどうしましょうか。
箱だけ用意しつつも、本編のチュートリアルやヘルプの充実度を見て、やるかやらないかを決めたいと思います。
開発者の気合いを見るに、ChipCodexのEXA版は不要そうです。
OKEくらべのエクサ版ぐらいは作ってもいいかもしれませんが、本編か本サイトでやってくれたら御の字であります。
ちなみにChipCodexとほぼ同じ機能を@wikiが持っていますが、ChipCodexを独立させていたのには理由がありまして、
理系が多いCHPの解説を、その筋の方に任せてしまうと、専門用語だらけになり私のような文系がついて行けなくなると思ったからで、私が通訳になることで、初級→中級のつまづきを最小化できると思ったからです。
開発者も当然頭の良い理系なので、解説をどこまでフールプルーフにしてもらえるかちょっと心配です。
というわけで、まずは様子見であります。



動画のように煽られると、やっぱりラジコン要素もおもしろそうですね。
ゲームセンターのような場所や、ネットワークで遊べたらおもしろいと思いますが、
それが無いとすれば流行らないでしょう。



モンハンPSPが流行った時、会社でモンハン部のようなものができたのですが、
その後、PSP戦場の絆も流行らせようとしましたが全くはやりませんでした。
アドホックと相性がよいのはやはり協力プレイ。
モンハン部ではDSのマリオカートやイタストも流行りましたが、どちらも取っつきやすさが吉のゲームでした。

というわけで、ラジコンカルポの流行には、狩りゲーム的な要素が必須と予想しますが、
そんなものが流行らなくてもCHP的な楽しみ方ができることは太鼓判なので、既存ユーザーは安泰でございます。



計算の自由度があがるようで、数学の勉強にもなりそうです。
楽しみですね^^

ガンダム税が還付されます
2010年07月07日 (水) | 編集 |

アートディンクが作ったガンダムゲームを1~2本持っています。
ガンダムということで支持母体があり、たぶん売れたソフトだと思います。

短絡的すぎるかもしれませんが、
カルネージの新作が遊べるのは少なからず他ソフトのおかげのはず!
ということで、自分的にはこれはガンダム税の還付と受け取ることでほくほくになろうと思います。



ゼビウスなどが入っている
Plug It In & Play TV Games™ Retro Arcade Featuring Pac-Man
をゲットしました!
日本でも日本アマゾンでも売っていなかったので、海外のサイトで2個ほど輸入。
当然改造するつもり満々ですが、いくつか気づいた点。

ハード
・ボタンとレバーが日本と左右逆。
・レバーが十字固定なので、ゼビウスなどが難しい。
・ボタンの反応・押し心地共にあまり良くない。
・ポールポジションはレバーをクリクリと回転させて操作。なかなかおもしろい味。

ソフト
・全体的にスピードがノーマルになった。
 (前バージョンは全体的にスピードが速く難易度高かった。)
・ノーマルパックマンの迷路が見づらい。
・ギャラクシアンのキャラが小さく、映像がつぶれている。
・ゼビウスの音色がだいぶ変。敵弾が茶色で見やすい一方、ゼビウスっぽくない。
・ラリーXの音や良くなったと思いきや、Bメロの音色がこもったような変な音。
・ディグダグは音・ルール共にかなり向上。

子供と遊ぶときには、基本子供はボタン押し係なのですが、
レバーの操作もしたがるのでやらせてみると、やっぱりハードのレスポンス悪くいらいらしているようです。

レバーとボタンの交換は問題ないのですが、ポールポジションの操作系をどうしようか楽しく悩み中であります。

20年ぶりに買ったファミ通
2010年07月01日 (木) | 編集 |

ファミ通買いました。
まず、フロントミッションのパンツァーそっくりなアグリオスという機体が目にとまり、
「ん。」
という感想。
OKEにしてはカッコいいような、でも他のロボットゲームに比べるとレトロすぎるような。。。
新規プレイヤーに媚びたの?媚びなかったの?どっち!?という造形でございます。
イラストのアグリオスのレトロ感が目立っただけかもしれません。
一呼吸おいてからポリゴン画面を見ると、主人公機としてはいたってノーマルかもしれません。



記事を読む限り、「操作もできるよ」という印象でした。
今のところ、フォルクスや母船の操作性に毛が生えたものと思ってよさそうです。



私が妄想していたのは、モンハンのような狩りゲームで、
操作攻略専用の小さくてスバシッコイ機体があるという設定でした。
マンガのガンツの敵がOKEみたいな設定。
いまのところ全然そんなんじゃなかったです。

プログラミングに操作で介入できるという程度。
対戦もアドホックモードメインということで、
小中学生がPSPを持ち寄ってOKE対戦するのは想像しがたく、
大ブレイクということにもならなさそうです。
あくまで固定ファンを大事にしてくれている印象。



さておき、チップ並べでの矢印交差が出ていたので、それだけでもさらに柔軟性は高くなりそうです。
プログラミング領域はたぶん現状のまま、など、コンサバな部分が多いのもさらに安心感あります。
ちなみにドーナツ型の領域指定はいかにも出来ない感じでした。
そんなこんなで、
今後の情報を首を長くして待ちたいと思います^^