FC2ブログ
汎用ヒト型決戦遊具はじめました。
ジャミングと対空について
2007年12月28日 (金) | 編集 |

CHPについて長らく思考停止してまして、
だいぶ時代から取り残された感じになっております。



ジャミングについて素朴な考えを巡らしてみます。

ジャミングフォグを搭載するかしないかという選択肢があった場合。

 非ジャミング機 → 対非ジャム・対ジャムの2種類を想定した対応が必要。
 ジャミング機  → 対ジャムのみを想定した1種類の対応でよい。

と言えると思います。ものすごく単純化した考えですが、こう考えると、ジャミングを搭載しないほうが不利という結論にどうしてもなります。
2ch第6回大会、7回大会の優勝チームがジャミング機であることも必然といえるかもしれません。

というわけで、開発機体をアラクネーに固定した場合、ジャミングフォグ搭載という選択肢がアリなのかナシなのかという結論はまた別問題なのですが、一考の価値ありと思いました。



爆笑問題の田中さんの名言で、「俺がバカなんじゃない、俺の『脳』がバカなんだ!」というのがありますが、
CHPで遊んでいるとその気持ちを深く理解できてしまってまいっちんぐであります。



カメレオン計画。
反復移動によるビーム回避に加え、対空スキャンターゲットをテスト実装してみました。
(まだバグがあるようで味方をターゲットしてしまうこともありますが・・・。)
ミサイル運用もこれに併せて大幅変更できそうです。

横腹を見せている飛行型を狙ってMTを撃つとか、必中シチュエーションを判定したらそのターゲットに集中砲火にするとか・・・
いろいろと考えられそうであります。



追伸1:ヤッターマンだったかゼンダマンだったかが実写になるとか小耳に挟みました。てっきりディーライトで実写化済みだと思っていたのですっかり油断していました。(ネタ古いですが)




追伸2:年末のテロ予報ですが、パキスタンでの暗殺がその答えなのかもしれません。
    これ以上悪化しませんように・・・。
http://www.tanakanews.com/071127crises.htm

スポンサーサイト



徐々に復帰
2007年12月22日 (土) | 編集 |

前回と同じ機体を投入してしまったにもかかわらず、16位とランクアップしてしまいました。
いままで強かった機体がより強くなり、そしてベテラン勢が不参加だったり、難易度の高い機体で出場したことなどで、勝ち星を稼げたようです。
仮想敵としてもヴェロニカシリーズか朽ちた刃を登録するとアラクネー枠は間に合ってしまうので、レベルの近い相手からはうまいこと未対策のスリップストリームに入れていたのかも知れません。

次回こそ最新機体で挑みたいと思いますが、1大会に2~3機ぐらいバグフィックス版程度の旧型機が混ざっても十分面白いのではないのでしょうか。
というわけで、CHPから離れているベテラン勢にもたまには戻ってきて欲しいなと思う今日この頃であります。



手始めに対空で熱ビームを浴びせられたら左右に反復移動で回避するルーチンを仕込んでみました。



(以下回避ルーチン内)

[1]ミサイルが接近中か? Y→(ミサイル回避ルーチンへ)
   ↓N
[2]飛来物が近くにあるか? N→(このループから出る)
   ↓Y
[3]ターゲットが飛行型か?
[4]E=E+1
[5]E=mod 14
[6]Eが6以下か?
   ↓Y      N↓
[7a]右急速移動  [7b]左急速移動
   ↓        ↓
[8]先頭へもどる



混合型の場合にジャンプ回避が封じられるのでちょっと怪しい感じもしますが、今日はこれまで。

大会おつかれさまです
2007年12月19日 (水) | 編集 |

大会運営のみなさまお疲れ様です&ありがとうございます。
旧機体ですのにコメントもいただけたようで恐縮至極であります。
弱小のF1チームとかでもたしか前年車両をそのまま翌年の序盤に泣く泣く使うという事例があったような気もしますし、事情があって前回のをそのまま出すというのもロボット大会っぽくて一興と思い、参戦させていただきました。
同一機体の順位の変動をみることでも、前回大会との差を伺うことができるのではと思いました。



飛行勢が幅を効かせているようですが、これまで常に上位進出し、対空にプレッシャーを与え続けてきたPhantomやヴェロニカ、満デーイなどが今回不在ということが大きいのではないかなと思います。
もし今回、マングレオンの最新型を投入できていれば、あるいは上位進出もかなったかも知れないと思うに付け、またアラクネーを作ろうというモチベーションが出てまいりました。



久々にやることリスト。

1)「朽ちた刃」の対突撃・周回車両のルーチンを分析し、マングース計画内で再現する。
2)「ヴェロニカ」の対空スキャンターゲットのカメレオン計画での実装テスト。
3)反復急速横移動による熱ビーム回避のカメレオン計画への実装。
4)距離、仰角に関わらず万能かつ簡便な射撃補正式の開発。
5)周回車両への予測射撃ルーチンの完成。

このうち、4)をやろうとして、データ収集作業がめんどうになり、CHPから離れていたことを思い出しました。2と3ぐらいならサクッとできそうなので、簡単なところから進められればと思います。



CHPで遊んでいてよく思うのが、自動修復装置ってなによ!とか、シールドってなんだよ!というやつですありますが、シールドに関してはテスラドームというという恐ろしい兵器技術が研究されているそうです。本当にこんな技術があるのかどうかわかりませんが動画でも話題になっているようであります。
ロボットもの好きとしてはここまで来たかと驚いてしまいますが、結局人殺しの道具というところが沈黙させられます。




▼追伸1:
最近は4歳と2歳のマイキッズにドリルをやらせるのが面白いです。
文系なのに小型二足歩行ロボを自宅で自作!というのがささやかな夢でしたが、すくすく学ぶ子供を見ているだけでも十分に楽しいです。
今のところ、ドリルでやる勉強を遊びの一部と認識させることに成功しているようで、朝晩のチョットの時間をドリルタイムにしています。


▼追伸2:
年末から年始にかけての世界情勢がかなり気がかりです。
娘は布団に入ってから明日はあれやりたいこれやりたいと言いながら寝るわけですが、そんな風に明日を爆発的に楽しみにしている様子を見るにつけ、今日のような平和な日が明日以降も延々と続けばいいなと祈らずにはおれません。
アメリカと日本の財政難をどう着地させるかもハッキリしませんし、また国際金融資本の儲けと口減らしのために紅白に分かれて戦争をやらされるのではないかという懸念を払拭できる根拠がないのであります。
戦争に至らずとも、日本は郵政民営化、三角合併の解禁など、日本はすでにアメリカからの経済攻撃を数年にわたり受けまくっているのであります。
イラク派遣では在職中の自衛隊員が35名死亡(自殺16名、他は病気・事故・死因不明)したと発表されており、政策によって実際に命も奪われているというのであります。
ソース:http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b168182.htm
身の回りに何事もなく、PSPでのんびり遊べる日がいつまでも続きますように。あわよくば世界平和。合掌。