FC2ブログ
汎用ヒト型決戦遊具はじめました。
ROBOXERO(87) Arduino版被弾センサ_2
2012年12月15日 (土) | 編集 |

前回作ったセンサのデータをとってみます。
雨ふりなので、室内はとても暗く、よいコンディションと言えます。




th_被弾センサ準備1
ちなみに、前回つくった電子回路はこんな感じです。
抵抗のチョイスなどが間違っていないかの検証です。



まずボリューム。
Arduinoのアナログ入力は電圧0で5Vで1023を取得する仕組みになっています。

min7
center 254
max930

となっています。




次に、ソーラーパネルの調査です。


【条件】
曇天の雨の室内。
分散タイプの被弾センサを搭載し、
それぞれ窓際、室内側を向くように置く。


【両パネル検査(パネル2個直列)】
・両パネル全解放
 975(室内消灯時 ):1023(室内点灯時 )
・パネル2個直列、両パネル全密封
 0(室内消灯時 ):0(室内点灯時 )
・窓側パネル穴1、室内側パネル穴3
 16(室内消灯時 ):18(室内点灯時 )
・窓側パネル穴3、室内側パネル穴1
 26(室内消灯時 ):30(室内点灯時 )


【室内側パネル単品調査(パネル2個直列・窓際パネルのみ全密封)】
・全解放
 537(室内消灯時 ):693(室内点灯時 )
・ペン穴を片側1個あける
 0(室内消灯時 ):1(室内点灯時 )
・ペン穴を片側3個あける(3面に1個ずつ)
 2(室内消灯時 ):7(室内点灯時 )
・ペン穴を片側6個あける(3面に2個ずつ)
 7(室内消灯時 ):14(室内点灯時 )


【窓側パネル単品調査(パネル2個直列・室内側パネルのみ全密封)】
・全解放
 975(室内消灯時 ):1008(室内点灯時 )
・ペン穴を片側1個あける
 22(室内消灯時 ):23(室内点灯時 )
・ペン穴を片側3個あける(3面に1個ずつ)
 37(室内消灯時 ):41(室内点灯時 )
・ペン穴を片側6個あける(3面に2個ずつ)
 73(室内消灯時 ):81(室内点灯時 )




もうちょっと、太陽パネルからの電圧が低い状態での精度が欲しいです。
回路は見直しが必要のようです。
明日にはもう間に合わないので、今回はプログラム上でかさ上げし、実用できるようにしておこうと思います。




試運転してみたところ、センサの反応は上々。
夕方の室内灯でもちゃんと反応してくれます。
クローラーやサーボ、ガンなどを同時起動しても誤動作せず!
初めて完徹せずにロボサバのゲームに参加できそうです。




と、思ったら、適当にハウジングしたカメラの映像がすごく悪いです!
困った困った。

スポンサーサイト