FC2ブログ
汎用ヒト型決戦遊具はじめました。
ROBOXERO(45) IMPULS過放電
2012年08月11日 (土) | 編集 |

ロボに搭載するアナログカメラの電源として、東芝のIMPULS・6P(9V)電池を2個使っています。
これで1時間以上は持ちます。
先日も受信機の方のテストで使ってみましたが良好です。



今日ひさびさにカメラの様子を見た所、発信器の電源を入れっぱなしでした。
電池がカラになりましたねということで、充電器に装着しましたが、充電ランプが付きません。
(通常は充電ランプが点滅して計測のようなモードになったあと、1秒〜2秒で点灯状態になります。)



ニッケル水素充の特性を調べて見たところ、過放電してしまうと、充電池の寿命が1発でアウトになるそうです。
電池電圧が下がりすぎると、負極の電位も一時的に正極の電位に影響されて上昇し、
負極の水素吸蔵合金が若干腐食する反応が起こるというのが理由のようです。
不可逆的な化学反応が進行してしまうということだと思います。
この反応が起きないようにすれば長持ちするそうで、「浅い充放電を繰り返した場合、ニッケル水素電池のサイクル寿命は飛躍的に向上」とのことです。
これで3000円が水泡でございます。ぐぬぬ。



ちなみにエネループもニッケル水素なので、同様の注意が必要のようですが、
以前、電池の極性がプラマイ入れ替わってしまったことがあります。
そのとき、すかさず再充電を行い、極性が元に戻ったことでセーフと思っていましたが、
かなり寿命や容量が減ったと思われます。
もう他の電池に紛れてしましました・・・。

スポンサーサイト



ROBOXERO(38) ゼニィ誕生
2012年07月26日 (木) | 編集 |

二足状態のロボゼロが、我が家でもついに起動しました!
ゼロタンクとしてかなり長く遊んできたのですが、二脚で立った姿をみると、またちょっとした感動があります。

しかし、以前500円で作ったアンビリカルケーブルは1.6Aと出力が小さすぎるため、
阿波踊りのボタンを押したところでリセットがかかってしまいます。



安定化電源を買ってみることにしました。
5Aで6000円台のこちらと、
10Aで10000円ほどのこちら

ROBOMICさんの記事で最大負荷が計算されているので、無理をしなければ5Aでもかなり良さそうであり、YouTubeこの方は5Aの安定化電源で歩行に成功しているようなのですが、
容量の大きい方がより安定しそうな気もするので、10Aの方を買ってみることにしました。
安定化電源が一つあれば、今後こまごまとしたガジェットをゲットしてあれこれ実験するときにも、電源に困ることはなさそうです。



ゼロタンクは、ごっこ遊びのRX計画では→ゼロキャノン→ゼログレイと進化させたいので、
8月のロボサバをお休みして9月1日のロボワンライトに出すとすると、ゼロキャノンの前にゼログレイが出てしまうことになり残念な感じです。
そこで、無改造のロボゼロに新しい名前をつけることにしました。
連邦の初の二足歩行はザニーですので、こちらはゼニィで決定です。
がんばれゼニイ!がんばれ自分!

TPPと台風
2011年09月21日 (水) | 編集 |

おはようございます。
今後のみどころ。



台風や土砂災害も大変ですが・・・
関税自主権を自ら捨てるようなTPPが、一番の注目です。

初めて本格的に台風がヒットする福島第一の汚染拡散にも注意が必要です。
大丈夫だとは思いますが、北海道が心配です。

暗黒惑星?
2011年09月12日 (月) | 編集 |

グーグルスカイの水星の近く(←クリック)
に、良く分からないものが写っています。
表示を「赤外線」に変更した時だけ出てきます。
ファミコンのスターラスターのラスボスがこんな感じでした。

これがニビル(プラネットX)ではないかという噂もありますが、何が何だか分かりません。
あまりにも不気味なのでまた国立天文台にも電話してみましたが、グーグルスカイは良く分からないとのことで、
基本的にはNASA発表の情報が国立天文台のソースになっているそうです。
注目すべき天体イベントについては、国立天文台にも情報が集まるとのことですが、
ニビルは問い合わせもあまりないそうです。
また、明るい彗星などについては、国立天文台でも追いかけることがあるとのことでした。

カリフォルニア州で停電
2011年09月09日 (金) | 編集 |

フレアの影響が出ると予想されていた時間に、ちょうどアメリカで停電。
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110909-OYT1T00454.htm

記事によると電力の供給不足が原因ということですが、どうでしょう。



今回のフレアはX2.1規模でしたが、
1989年10月カナダのケベック州での停電時は、X13。
太陽の地球向きの穴から断続的に中規模のフレアが発生しているので、
今夜はオーロラが期待できそうです。
アラスカのライブカメラはだいたい17時ぐらいから22時ぐらいまでが夜で、見やすいようです。



引き続き大地震にもご注意。